「弁護士会」とは?

弁護士会とは、弁護士や弁護士法人が所属している団体の事を指します。組合のようなものではなく、これは弁護士法で定められている法人なのです。

この弁護士会は、各地にある地方裁判所の管轄区域ごとに存在しています。基本的に一つの府県に一つの地方裁判所があるので、弁護士会もそれぞれ一つづつあるということになります。しかし北海道は地方裁判所の管轄が4つに分かれているため、弁護士会も4つに分かれています。東京は地方裁判書は一つしかないものの、歴史的な経緯から、弁護士会が例外的に3つも設立されています。これらをすべて含めると、全国には52もの弁護士会が存在することになります。

「日弁連」とは?

全国に52ある弁護士会を束ねているのが、日弁連(日本弁護士連合会)です。日弁連では、弁護士の登録の審査や、懲戒処分を行うほか、弁護士会などの会則の制定などを行ったりもしています。

「強制加入団体」ってどういうこと?

弁護士会と日弁連については弁護士が必ず加入しなければならないという「強制加入団体」となっています。そのためこの2つの団体に加入せずに弁護士登録をすることはできないのです。

弁護士会の仕事って何?

弁護士会の仕事は大きく分けると2つの役割があります。1つ目は「弁護士の品位を保持するための指導や監督」です。これはルールを決めておいたりするほか、なにか問題を起こした弁護士に対する懲戒などをを行ったりするというものです。2つ目は「事務の改善進捗を図る指導・連絡」です。

▲トップページへ戻る